オンラインカジノと相性抜群のモンテカルロ法のご紹介

モンテカルロ法は、低リスクにて利益が増やせると人気のカジノ攻略法です。

数列を使用するため、マーチンゲール法パーレー法に比べ、複雑だと敬遠されやすいですが、利益を効率的に増やせるとされるカジノ攻略法です。

遊雅堂などのオンラインカジノでは、紙と筆記用具が使えるため、数列の使用方法を覚えるのに最適です。

今回は、小さな利益を積み重ねて高額配当を狙っていきたい方にお勧めのモンテカルロ法をご紹介します。

なお、ご理解いただきたいのが、ギャンブルには常にリスクがつきもの。

攻略法は勝利を保証するものでないことをご理解ください。

また、遊雅堂の自己規制ツールで、十分準備を整えてからお試しいただくことを推奨します。

ゲームによっては、最大ベット額の制限規制もあるので、ルールを必ず確認しながら慎重に、楽しくプレイしましょう。

カジノ攻略法「モンテカルロ法」の基礎情報

モンテカルロ法は、「カジノを潰した」と噂されるほどの破壊力を秘めたカジノ攻略法です。

モンテカルロ法では、法則に従って、数列内の数字を足したり、消したりすることで賭け額を決定していきます。

数列は、必ず3つの数字から始まり、数列内の数字がなくなる、または1つになると1サイクル終了となります。

なお、モンテカルロ法はすべてのテーブルゲームに有効なわけではありません。

モンテカルロ法の数列の法則と使用方法

モンテカルロ法の数列の法則は、ゲームの配当や勝敗の結果によって異なります。

まずは、どちらの配当を選んでも同じ対応となる「数列の始め方と負けた場合の使用方法」を解説します。

初めは紙と筆記用具を用意し、数列を書きながら覚えていくと、より簡単にモンテカルロ法を理解することができます。

ゲームによっては、最大ベット額の制限規制もあるので、ルールを必ず確認しながら慎重に、楽しくプレイしましょう。

それでは、数列の始め方と負けた場合は、下記のように進めていきましょう。
※1単位の設定は、100円としています。

  1. 数字を3つ紙に記入
  2. 例:1. 2. 3
  3. 数列の両端の数字を足し、初回賭け額を計算して賭ける
  4. 例:1 + 3 = 4 
    1単位が100円のため、初回賭け額は400円となります。
  5. 負けた場合、手順2にて計算した数字を、数列の右端に記入
  6. 例:1. 2. 3. 4
  7. 再度数列の両端の数字を足し、次の賭け額を計算して賭ける
  8. 例:1 + 4 = 5 
    賭け額は500円です。

続いて、配当毎に異なる対応が必要となる「勝利した場合の使用方法」を解説します。

2倍配当のゲームにて勝利した場合

モンテカルロ法の2倍配当のゲームにて勝利した場合、下記のように進めていきましょう。

  1. 数列の両端の数字を1つずつ消去
  2. 例:1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8
    上記数列の場合、両端の数字「1と8」を消去し、消去後の数列は下記となります。
            1. 7
  3. 数列の両端の数字を足し、次の賭け額を計算して賭ける
  4. 例:2 + 7 = 9 
    賭け額は900円となります。

3倍配当のゲームにて勝利した場合

モンテカルロ法の3倍配当のゲームにて勝利した場合、下記の方法にて進めていきましょう。

  1. 数列の両端の数字を2つずつ消去
  2. 例:1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8
    上記数列の場合、左端の数字「1と2」、そして右端の数字「7と8を消去し、消去後の数列は下記となります。
        1. 6
  3. 数列の両端の数字を足し、次の賭け額を計算し、賭ける
  4. 例:3 + 6 = 9 
    賭け額は900円です。

利益を増やすための秘訣3選

遊雅堂のお客様には、モンテカルロ法をより効果的に使っていただきたい!

そこで、利益を増やすための秘訣3選を伝授いたします。

  1. 有効なゲーム選び
  2. 引き際の見極め
  3. 空回し (ルーレットでのみ使用可)

どれもモンテカルロ法を使いこなし、利益を効率よく増やすために必要な秘訣となります。

有効なゲーム選び

モンテカルロ法は2倍、または3倍の配当ゲームでのみ有効となります。

モンテカルロ法をご利用される際は、下記いずれかのゲームにてお試しください。

「2倍配当の有効ゲーム」
ルーレット(偶数奇数、赤黒、ハイロー)
シックボー(大小、偶数奇数など)
バカラ
ブラックジャック
「3倍配当の有効ゲーム」
ルーレット(コラムベット、ダズンベット)
シックボー(3倍配当の箇所)

モンテカルロ法を初めてご利用される方には、ルーレットがお勧めです。

ルールが簡単なルーレットであれば、モンテカルロ法の数列の計算をしながらでもお試しいただけます。

また、モンテカルロ法をバカラにてご利用される方は、ノーコミッションバカラにてお試しください。

ノーコミッションバカラでは、バンカーの配当が2倍となるため、利益の計算が簡単となります。

引き際の見極め

モンテカルロ法は、賭け額の変化が緩やかではありますが、負けが続けば損失が大きくなります。

負けが多かったとしても、1サイクルを終えることで利益が出るカジノ攻略法と言われていますが、1サイクルを必ず終了できることを保証されているわけではありません。

そのため、引き際を見極めることも非常に重要です。

モンテカルロ法で考慮すべき引き際の目安をご紹介いたします。

モンテカルロ法の引き際の目安

1サイクルの途中結果に負けが多く、10ラウンドを超えている
⇒1サイクルが10ラウンドを超え始めると、賭け額の金額が大きくなり、負けた場合の損失が大きくなるため、引き際の検討を推奨します。
2連勝にて回収できない損失の蓄積
⇒2連勝以上が起こる確率は低いため、引き際の検討を推奨します。
※特に3倍配当のゲーム

損失を小さくすることは、利益を大きくしていくことに繋がることを意識しながら、モンテカルロ法を利用していきましょう。

オンラインカジノ・遊雅堂なら、ログイン後、自己規制のページより「ロス制限」の設定ができます。プレイを始める前に設定を推奨します。

空回し (ルーレットでのみ使用可)

空回しは、ルーレットにて利用可能なゲーム予想方法の1つです。
※ランドカジノの多くでは禁止されています。また、遊雅堂を含む多くのオンラインカジノでは利用できます。

ルーレットでは、ベットせず、ボールの行方を確認する行為を空回しと呼びます。

空回しをすることで、的中する可能性の高い箇所を予想することができます。

なお、モンテカルロ法では下記の方法で空回しを利用していきましょう。

モンテカルロ法での空回しの利用方法

空回しを複数回繰り返し、3回連続で的中する箇所を見つける。

そして、的中した箇所以外に次のゲームのチップを置く。

これは、4回連続で同じ箇所に当たる確率が極めて低いことを利用したゲーム予想方法です。

カジノ攻略法「モンテカルロ法」の魅力

モンテカルロ法は、短期的に大きな利益が獲得できるタイプとは違い、長期的に少しずつ利益を貯めていくタイプとなります。

1サイクルが長く続かない限り、賭け額が急に倍増することもないため、資金への負担が少ないカジノ攻略法と言えるでしょう。

しかし、モンテカルロ法にて利益を生むには、必ず1サイクルを終える必要があります。

ルーレットでは空回し、ブラックジャックではベーシックストラテジー (基本戦略) などゲーム予想にて勝率を上げ、1サイクルを効率よく進めていくことをお勧めします。

モンテカルロ法は、法則通りに使えば、確実な利益が獲得できる非常に魅力的なカジノ攻略法です。

リスクを抑えて長期的な利益を狙っている方はぜひモンテカルロ法に挑戦くださいませ。

モンテカルロ法の数列の法則や使用方法が頭に入ったら実践にてより理解を深めていきましょう。

オンラインカジノ・遊雅堂のいつものテーブルゲームにてモンテカルロ法を使用し、今までとは少し違った極上のスリルを体験してみませんか。

遊びのない、人生なんて。

ゲームによっては、最大ベット額の制限規制もあるので、ルールを必ず確認しながら慎重に、楽しくプレイしましょう。

遊雅堂の自己規制ツールで、十分準備を整えてからお試しいただくことを推奨します。

ライブカジノにてモンテカルロ法の使用をご希望の方はアカウント登録が必要です。

最大10万円のウェルカムボーナスもお受け取りいただけますので、好機をお見逃しお見逃しなく。

遊雅堂のホームへ戻る